FC2ブログ

自然・アウトドアを通じて遊び心をとり戻すための新しいサービスを実現していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然が与えてくれるもの

ということで、今日から定期的に「自然」と「」の現状を踏まえて、遊び心とアウトドアに関する情報を書いていこう思います。

今日から1ヵ月間のお題は、「子ども」です。
豊かで質の良い遊び心を育てるには、外遊びが一番!!
何度もリセットできたり、コンティニューできる世界からは、心身ともに調和的な発達は期待できません。
学力低下や運動能力低下が注目される中で、今回はあるおもちゃメーカーの思考力に関する記事を紹介します。

「日本の子どもたちの学力は以前に比べ低下している。」 これは、国際学力調査により発表された事実です。

子どもの思考力を支えるものは、「言語能力」と「あそび能力」であると言われています。
子どもは、遊びの中で実際的思考力、具体的思考力、直感的思考力を育てます。

一方で、現代の子どもたちは「あそび能力」の低下が原因で、「長く遊べない」、「集中力がない」、「モノを大切にしない」 と言われています。
しかし、本当にそうなのでしょうか?そんなことはないと思います。本当にいいモノに出会うと、どんな子でも集中して長く遊びます。昔の子も現代の子も同じなのです。
では、なにが違うのでしょうか。違うとすれば、子どもを取り巻く遊びの環境が変わったのだと思います。

現代、日本のおもちゃ産業で売れる三要素として、「光る」、「鳴る」、「動く」ことが挙げられています。
確かに、おもちゃ屋さんに行くと、「光る」、「鳴る」、「動く」おもちゃばかりです。しかし、おもちゃ自体が動いて、鳴って、光ってしまったら、子供はただ、「じーっと」見ているだけになってしまいます。
たとえば電車のおもちゃ。電池で光り、勝手に走って、物によっては「ガタンゴトン」なんて音もします。子どもは「じーっと」見ているだけ・・・ これではすぐに飽きてしまって当然でしょう。
子どもは「遊び」を全部取り上げられてしまったのです。
本来遊びとは、動かないから「自分で動かす」、鳴らないから「口でしゃべる」、光らないから「想像する」、こういうものです。これこそが子どもにとって、おもしろい遊びなのです。
「自分が運転手になったつもり」で、「しゅっぱーつ」と言いながら、「自分の手で電車を走らす」・・・ どうです?楽しくなってきませんか?
引用http://kosodatenavi.com/omocha_point.html#omo_barnar

今回、外遊びとは少し離れてしまいましたが、遊び心は「想像」から育まれ、「創造」は遊び心から生まれることがわかる記事でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
とり戻すまであと…
プロフィール

やかたりん

Author:やかたりん
遊び心をとり戻せ10ヶ年計画へようこそ!
はじめまして。
私は、未だ社会にもみくちゃにされているやかたりんと申します。日頃は販売業に携わり、休日にはルーティンワークのストレスを発散するため自然の中で体を動かせる、アウトドアスポーツをしています。
私がこれからも遊び心をとり戻していくように、他の方たちにもその心をとり戻していってほしい。そのために私は新しいサービスを提供したいと計画しております。どうか、あたたかい目でよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。